メリット・デメリット

バーチャルオフィスを利用する事で得られるメリットは、コストが安いという資金面だけではありません。住所だけをレンタルする訳ですので土地代などがかからず、安い値段で良い立地にある事務所の住所を利用して起業する事ができるようになります。経営をしていく中でどこに事務所があるのかというのは重要で、良い立地であればそれだけ信頼を得やすくなりますから、バーチャルオフィスを利用する事で安い値段で都心など良い立地の場所に会社住所を置くことが可能です。

ただ、住所や電話番号をレンタルするこのバーチャルオフィスは、複数の会社が利用可能となっているという点がデメリットとなっています。例えばAとBという会社がどちらも同じ住所をレンタルしているという場合もあり、そうなった場合にバーチャルオフィスである事が取引先などにバレてしまい、信用を失ってしまうという危険があります。またレンタルした住所ですので、創業融資を受けられないという点もデメリットです。

バーチャルオフィスは安価で都心など良い立地に会社住所を置くことができるメリットがありますが、複数の会社で利用できるのでバーチャルオフィスだとバレてしまう可能性があるという点と、創業融資を受けられないといったデメリットも持っています。コスト面だけを見て利用を決めてしまうとデメリットで大きな損害を被る危険もありますから、利用する時にはメリットとデメリットの両方を把握して利用しなくてはいけません。